FC2ブログ

4こま とらっきんぐ

芳文社-タイム系・竹書房-ライフ・くらぶ系・双葉社-タウン などのクラシック系4コマ雑誌の目次・掲載作品・掲載回数+感想コメントなどを毎号、記録するブログです。最新ステータスは右側・Twittrerをご覧ください。

まんがホーム 2019年11月号  

home201911s.jpg
2019年10月2日発売 384号
目次
※作者名にマウスを重ねると、同時期の作者の作品をポップアップで表示します。
タイトル 作者 フラグ 回数 備考 掲載順 開始ページ ページ数 形式 スコア 最近の主な作品
「ちっちゃい先輩が可愛すぎる。」コミックス2巻宣伝 - 宣伝企画     - 2 1c(-) -    
らいか・デイズ むんこ     併載(O) 1 3 8c(8c) 4 ☆☆☆☆ ビギンはもうすぐ閉店します(FT)
花丸町の花むすび(T)
出会ってしまったツルとカメ(LO)
ひとりみ天国(C)
箱庭のハコ(LT)
まりあ17(J*)
おみくんちはね(TC)
河原課長とギャル部下ちゃん
(2018/02~・改題あり)
おりがみちよこ   (4)+18   2 11 7(7c) 4 ☆☆☆  
孔明のヨメ。
(2011/01~)
杜康潤   107   3 19 10(10) 4 ☆☆☆☆  
特別展「三国志」取材レポート 杜康潤 特別企画     - 29 6(-) S ☆☆☆☆  
2年B組オネェ先生
(2019/04~)
高瀬雛 連載開始 (7)+1   4 35 12(12) W4 ☆☆☆  
菓子男リノベーション
(2018/06~)
胡桃ちの   18*   5 47 6(6) 4 ☆☆☆ ※ここにカーソルを重ねてください
僕のパパになってください
(2019/06~)
緒川千世 今月からみなし連載に変更 6* 連載で数え直しました(2019/6月号~)
次号1月号
6 55 16(16) S ☆☆☆  
キャバ嬢とヒモ猫
(2018/11~)
一式アキラ 連載開始 (12)+1   7 70 6c(6) 4 ☆☆☆☆  
BL漫画家と受けダンナさん
(2019/04~)
ことり野デス子 ゲスト (8)   8 77 12(12c) W4 ☆☆☆  
めいbeLove
(2019/07~)
いちかわ壱 ゲスト(指定なし) (5) ゲストかどうか不明です(5) 9 89 16(16) S ☆☆☆ ねーちゃんはぼくが守るっ(H*)
週末親子
(2017/02~)
楯山ヒロコ   (9)+25 次号最終回 10 105 6c(6) 4 ☆☆☆☆  
天国のススメ!
(2009/10~)
宮成樂(宮成楽)   (3)+104   11 111 9(8) 4 ☆☆☆ 晴れのちシンデレラ(LO)(C)(LM*)(LS*)
転生したら蘭丸でした
(2017/10~)
真田寿庵 ゲスト (5)+21 特別編 12 121 6(8) 4 ☆☆ のちの真田幸村である(H*)
スナックあけみでしかられて
(2016/06~)
松田円   (2)+40   13 127 6(6) 4 ☆☆☆ りふじんなふたり(LO)
ねこにまたたび恋ばなし(O*)
私の姫は王子様
(2019/04~)
克咲宏 ゲスト (8)   14 133 6(8) 4 ☆☆☆  
やさぐれ先生はソレを受け入れられない
(2019/06~)
卯々乃(うーの) ゲスト(終) (5)   15 139 6(6) 4 ☆☆☆ くららお嬢は今日もお暇(H*)
ふたりの姉に困っています(H*)
歌詠みもみじ
(2014/01~)
オオトリキノト ゲスト (62)   16 145 6(6) 4 ☆☆☆ 苦い珈琲はお好きですか?(J*)
座敷童子あんこ
(2016/10~)
エミリ ゲスト (31)   17 151 6(6) 4 ☆☆☆  
うちの秘書さま
(2012/12~)
ミナモ ゲスト(指定なし) (83) ゲストかどうか不明です(5) 18 157 6(6) 4 ☆☆☆  
「ちっちゃい先輩が可愛すぎる。」コミックス2巻+次回作宣伝 あきばるいき 宣伝企画     - 164 2(-)     私たちは恋を知らない(W)
孔明のヨメ。(目次4コマ)
(2014/07~)
杜康潤 カット・目次4コマ 64   19 170 -(-) 4 ☆☆☆  
「大家さんは思春期!」コミックス11巻宣伝 - 宣伝企画     - 171 1c(-) -    
※ 回数欄の (a)+[b]+c+d は、判明している限り「(読み切り/ゲスト) + [短期連載] + 連載 + 続編(第二部)など」
※ 回数欄の * はゲスト→連載への勝手みなしを表します。
※ 同一誌・同一月・同一タイトル二本立ての場合は、回数は1回として計上しています。
※ ゲストかどうかの判断は、主に目次ページもしくは作品扉ページ、末尾のコメントを参考にしています。
※ 備考・作品欄の記号/略号は次を示しています。
※・芳文社系 : T=タイム H=ホーム O=オリジナル S=スペシャル J=ジャンボ(休刊) F=ファミリー(休刊) L=ラブリー(休刊)
※                 TC=タイムコレクション
※・竹書房系 : C=くらぶ CO=くらぶオリジナル(休刊) LL=ライフ LO=ライフオリジナル LM=ライフMOMO(休刊) W=ライフWIN LG=ライフ女子部
※                  LS=ライフSTORIA(休刊) LT=ライフセレクション LD=ストーリアダッシュ
※・双葉社系 : FT=タウン   ・ぶんか社系:BS=主任がゆく!SP
※・他 : *=終了 #=ピックアップ T@=芳文社系コンテスト作品 C@=竹書房系コンテスト作品
※ ページ数右の()は前回掲載時のページ数、 cはカラーP含、c+は全頁カラー、dは二色P含 です。
※ 形式は 4=4コマ W4=ワイド4コマ S=ストーリー C=コラム M=形式混合 を意味します。
※ 最近の主な作品は、当ページ扱いの4コマ誌 掲載終了2年を遡って目安としています。

遅くなりました。10月2日発売 まんがホームです。
連載開始作品は、今更感はありますが2作品。

「2年B組オネェ先生」(高瀬雛センセ) - 8回目
 ふつうはだと6回目あたりで連載になるところ、掲載8回目と、少し遅めの連載昇格。
 ただ今月の作品の中身は…文化祭の王道、悪く言えば若干ありきたりという印象が。
 どうしても「ああ、やっぱりこれか」と感じてしまったのです。仕方ないのかなぁ。
 松田との舞台を描くのには仕方なかったのだな、ということで。

「キャバ嬢とヒモ猫」(一式アキラせんせ) - 13回目
 さらにこちらはゲスト12回で連載昇格と、遅咲きになりました。
 すでに掲載6回目でカラーページにもなっていたりと「え、まだゲストだったの?」と
 いう印象が強いです。そして、ボンちゃんの浪費は限りなく繰り返される。
 …1万円のラップ。類似品に、2000円の小さなぬいぐるみとか…皆様も身に覚えは
 ありませんでしょうか(笑)

次号最終回フラグが出た作品は「週末親子」でした。
続いて、先月→今月で掲載のなかった作品は

・「もんもん」(熊野みみセンセ)

でした。本作はそのうち復活してくるでしょう(おい)

最後に、次号予告からの抜粋です

・「コスプレ地味子とカメコ課長」「年上お姉さんと恋の壁」ゲスト掲載。
 コミックス1巻発売記念でのゲストという感じ。

ここからはレギュラー作品です。

「らいか・デイズ」
 恒例ネタながらも、サンマに汚染されたらいかサンの目は、かなり不気味です。
 心構えなく冒頭扉絵カラーで見せられると正直ホラーものです。
 …回を増すごとにわがまま度とお達者が増していくらいかサン。
 home201911_010_01.jpg 
 酔っぱらって失敗したお母さまに憎まれ口をたたく姿に、初期の寡黙秀才は
 もはや見る影もないなぁ…と思い返すのでした(笑) 1巻あたりを読むのが怖い。

「河原課長とギャル部下ちゃん」
 お騒がせ要員で追加かと思った高梨さん、ワンポイント要員でした。
 読者の期待と予想を裏切って、レナさんとも相性がよろしく。

「僕のパパになってください」
 シイタケ苦手で、コレステロールだけで健康を気にし、ひそかに空腹で腹を鳴らす
 パパさんに、果てしない清らかさを感じ…たら後半ブラック化してるし(笑) 
 そしてラストで妹らしき、夏菜サンと遭遇。
 この展開で次号休載はなかなかに残酷…というか、話を忘れてしまいそう。

「BL漫画家と受けダンナさん」
 本人バレして、マズくなって反省して、両者最後に落ち着いて…
 今回で終わったらきれいだったかもなぁ…と、罰当たりなことが脳裏に浮かぶ(汗)
 いつもは破天荒ネタでドタバタな本作にしては、比較的落ち着いた回でした。
 管理人はこのくらいがちょうど好きです。

「めいbeLove」
 仲がいい悪いではなく、ちくっときたとか人に拒絶されるとかを通り越して、単純に
 大上に「大人げない」という印象しか浮かばないっすよ。
 最後で取り返してくれなかったら精神衛生に悪かった(笑)

「週末親子」
 次号最終回。シマくん、ネタもごまかしもなく、真っ向からまじめに切り出した。
 ネタ振り役を担当したのは祖父母のほうでして。
 home201911_109_01.jpg home201911_109_02.jpg
 こういう切り込み方を見るのは初めてかもしれない。が、全編通してこっそり自分の
 責任を棚上げにしているような…(笑)

「天国のススメ!」
 口裂け女に草間の恐ろしさを語る太一。うん、怖いわ。
 home201911_114_01.jpg home201911_114_02.jpg
 草間、恐るべし。確かに、どんな妖であっても追われてライトアップされそう。

「転生したら蘭丸でした」
 連載終了後の特別編…って、この回、何の意味があったのだろうか(汗)

「スナックあけみでしかられて」
 あけみさんも自分で語るほどに、イベントスナック化しているなー、で終わりそうな
 最後にブッ込んできました、
 home201911_132_01.jpg home201911_132_02.jpg
 鈴木センセイとお母さま…次号、あけみさんの嫉妬というか焦燥感との戦いが?

「私の姫は王子様」
 お嬢モードのシノブさんに驚いた。化けるとはこのことか。皮は剥がれやすかった
 模様ですけど。

「やさぐれ先生はソレを受け入れられない」
 ゲスト最終回。伏線回収をきっちりやって、きれいに幕を引いたな感。
 こうなると、勘違いが解けた後の後日談が読みたくなるなぁ、もったいない。

「歌詠みもみじ」
 今月のお気に入りはもう「免許証 半目の自分 見せられぬ」
 大概の人にとっては、人生で最悪の顔写真を新しく撮影される機会となるわけで。
 …もはや管理人、顔写真ごと見せられんわ(涙)

「座敷童子あんこ」
 藁人形はともかく、服まで着せるというネタは初見かもしれない。
 しかしとんでもない座敷童だ…(いまさら)。

「うちの秘書さま」
 home201911_162_01.jpg
 今回のラストは比較的強めにはじめの想いが描かれていますが
 …この展開、続きがあると思っていいのだろうか(苦笑) # たぶん現状維持

「ちっちゃい先輩が可愛すぎる。 宣伝マンガ」
 続編と色めき立ったんですけど、COMIC FUZかよぉ…(汗)
 もう逆らえないこの流れ。

来月号「まんがホーム 12月号」は 11/2(土) の発売です。
次回更新「まんがタウン」は 10/9、「まんがタイム」は 10/10  の予定です。

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trackingmt.blog65.fc2.com/tb.php/1595-ebfdd460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Twitter...

最新記事

最新コメント

全記事表示リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

FC2カウンター

RSSリンクの表示

リンク

ブログ村カウンター